在籍確認なしのカードローン審査について

在籍確認なしのカードローンで安心して借りよう!

在籍確認なしのカードローンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


カードローンを申込みをしようと思った時に気になるのが勤務先への在籍確認です。

 

銀行や消費者金融では、基本的に在籍確認が行われます。

 

即日融資を希望する人のなかには、勤務先の休業日にお金を借りたい人もいると思います。

 

勤務先が休業日だと審査がストップして、即日融資を受けられないこともあります。

 

勤務先の休業日にお金を借りたい人にとっては、在籍確認なしで、カードローンが組めれば非常に助かります。

 

 

カードローンは、在籍確認なしでも組める

在籍確認とは、カードローン申込者の勤務先に電話をして、勤務先に在籍しているか否かを確認することを言います。

 

在籍確認では、次のことが調べられます。

 

本人が申込んだかどうか?

勤務先の記入に間違いがないか?

 

金融機関の担当者は、在籍確認において、カードローンの契約内容を伝えることはほとんどありません。

 

審査では、カードローン申込者の返済能力を重点的に調査します。

 

返済能力を判断する上で、勤務先の情報はとても貴重です。

 

どこの金融機関でも在籍確認は行われています。

 

 

在籍確認で聞かれることは次の通り

在籍確認では、カードローン申込者が勤務しているかどうかを確認するだけです。

 

勤続年数や年収などを勤務先に聞くようなことはありません。

 

また、勤務先の人にカードローンの事を知られないように、金融機関担当者は、会社名ではなく個人名で電話をかけてきます。

 

休日にすぐにお金を借りたい人は勤務先に在籍確認ができないことがありまます。

 

 

すぐにお金を借りられないのではないか?

そんな心配をする人がいます。

 

金融機関側でも、そのような心配はよく分っています。

 

勤務先への電話連絡なしでも組めるカードローンもあります。

 

どこの金融機関でも、電話連絡なしでカードローンを組めるわけではありません。

 

電話連絡なし消費者金融は、一部の大手に限られます。

 

今のところ、在籍確認なしの銀行カードローンはありません。

 

電話連絡なしの条件として、会社に在籍していると証明できること、直近の給与明細・健康保険証などが必要となります。

 

もし、電話連絡なしを希望する場合は、申込みの時に担当者に相談する必要があります。

 

カードローンを利用すると基本的に郵送物が自宅に送られてきます。

 

郵送物が自宅に郵送されると家族に借金がバレるので困る人もいます。

 

カードローンを家族に内緒で利用したいという人は少なくありません。

 

 

郵送物のないカードローンもある!

現在では、消費者金融でも銀行でも郵送不要でカードローンを利用できます。

 

家族にカードローンのことを知られないように、いろいろと配慮してくれます。

 

消費者金融や銀行は、郵送物なしでカードローンを利用できます。

 

利用明細書等の郵送物が自宅に送付される場合もあります。

 

家族に内緒にしたい人にとって、郵送物について気をつけなくてはならないことがあります。

 

そこで、カードローンの郵送物について詳しくお話します。

 

申込時や契約時に郵送物なしにするのが一つ目のポイントです。

 

申込み時や契約時の郵送物としては、「申込書と契約書」や「ローンカード」があります。

 

これらを送付なしにするには、次のようなことに気をつける必要があります。

 

申込書と契約書は自宅以外の場所に送ってもらうことはできません。

 

家族に知られたくない人は店頭窓口や自動契約機を利用すると良いです。

 

ローンカードは本人確認も兼ねているので、郵送での受取りが基本です。

 

ローンカードを自宅以外に送付することはできません。

 

ローンカードの受取りは、店頭窓口や自動契約機で行える銀行や消費者金融もあります。

 

 

借入時や返済時に郵送物なしにすることがポイント

借入時や返済時の郵送物としては、

 

「利用明細書」や「支払催促の書類」があります。

郵送物なしにするには、次のようことを心がけます。

借入や返済をすると、通常は利用明細書が郵送されます。

 

WEBサービスを利用すれば、郵送されません。

 

一部の提携ATMを利用すると後日、利用明細書が自宅に郵送される場合があります。

 

なるべく自社ATMを利用することをおすすめします。

 

銀行口座にお金を振込んでくれる振込みサービスを行っている所があります。

 

振込みサービスを利用すると、後日郵送物が自宅に送られますので注意が必要です。

 

返済が遅れて連絡がつかない場合は、支払催促の書類が自宅に送られます。

返済期日は、しっかりと守ることが大切です。

 

もし、どうしても返済が遅れてしまう場合は、こちらからすぐに電話を入れます。

 

自動引き落としにすれば延滞や滞納を防ぐことができます。

 

 

自宅に郵送物が送られても、すぐにバレません。

どんなに注意していても、自宅に郵送物が送られてくるかもしれません。

 

しかし、郵送物が送られても、すぐに家族にバレという訳でもありません。

 

カードローンの利用者のなかには、家族に内緒にしたいという人が多いです。

 

そのことは、金融機関側でもよくわかっています。

 

そんな事情を察して、大手消費者金融では、郵送物の差出人には会社名や商品名が伏せられています。

 

差出人名は、「○○○センター」となっている場合が多いです。

郵送物が開封されない限り、家族にバレる可能性は低いです。

モビットなら周囲にバレるのがイヤだという方にオススメです。

インターネット申し込みなら店舗に行かなくても申し込めます。

消費者金融の店舗はほとんどが人通りの多い場所にあるので、なかなか入ることが出来ないという方は多いです。

 

店舗に行かなくても、スマートフォンやパソコンがあれば、どんな場所からでも申込みが可能です。

 

WEB完結なら勤務先確認の電話がかかってくる心配はありません。

 

社会保険証の提示があるので勤め先に電話をかけなくても在籍の確認が取れます。

 

審査結果のお知らせも電話ではなく、メールで送られてきます。

 

月々の明細書も郵便で送られてくることはなく、公式サイトで閲覧できます。

 

家族に余計な心配をかけないためにも自宅への郵便物が届かないのは嬉しいですね。

 

もし在籍確認のことでお金を借りることを迷っているのであれば一度モビットのホームページにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ